Top>Honolulu Coffee>ホノルルコーヒーとは

ホノルルコーヒーとは

ホノルルグリーンが目印のHONOLULU COFFEEは、
最高峰のコナコーヒーと共に
心からくつろげるハワイアンタイムをお届けするHawaiian Coffee Placeです。

ハワイ州コナ地区でしか収穫できない選び抜かれたコーヒー豆を
熟練の技を持つローストマスターが腕によりを掛けて焙煎した最高峰のコナコーヒー、
トラディショナル(伝統的)なパンケーキ、ALOHA Smile(笑顔)が優しいナチュラルなスタッフのおもてなし、
そして日本にいながらハワイに滞在しているような心が落ち着くヴィンテージアロハな空間、
その全てが、HONOLULU COFFEEの価値であり、Hawaiian Coffee Placeの証です。

Brand Name / ブランドネーム

Brand Name

1991年、ホノルルのダウンタウンの街角に、
1軒のカフェ・スタンドが誕生しました。
そのお店の名前が、“HONOLULU COFFEE”。
ナチュラルで飾らない、
スタンダードなスタイルが伝わるネーミングです。

Logo Design / ロゴデザイン

Logo Design

ロゴのモデルは、オリエンタルな魅力を持つ女性。
女性が髪にさした赤い花は広く愛される
ハワイ州の花ハイビスカス。
ハイビスカスはコナコーヒーと似た、繊細な甘さと優しい香りを持っているため、
HONOLULU COFFEE自慢のコナコーヒーの象徴としてロゴデザインに使用しています。

Brand Color / ブランドカラー

Brand Color

HONOLULU COFFEEの世界観を表現する色は、
ハワイの豊かな自然と、コナコーヒーの木の葉を
イメージさせる、ディープで、ナチュラルな
“HONOLULU GREEN”(ホノルルグリーン)です。

Honolulu Coffee History ホノルルコーヒーの歴史

一軒のKIOSKからのスタート

HONOLULU COFFEEは、1991年に、ハワイ州ホノルル市のダウンタウンに、小さなKIOSK(屋台のような店舗)でスタートしました。小さなお店でしたが、「ハワイで最高峰のコーヒーと、それを味わうための素晴らしいサービスを提供したい」という創業者のこだわりで淹れるコーヒーが地元で評判になり、多くの人に愛される存在になっていきました。

Honolulu Coffee History ホノルルコーヒーの歴史
コナコーヒーとの出逢い

ハワイ島という恵まれた土地で、栽培されるコナコーヒーとの出逢いがHONOLULU COFFEE躍進のきっかけでした。当時、希少性が高く高価なコナコーヒーが気軽に飲めるカフェはありませんでしたが、独自のルートでとっておきのコナコーヒーの豆を仕入れることに成功。さらには、コナコーヒーを美味しく焙煎する技術の研究を重ね、ローストマスターによって最高のコナコーヒーをお客様に気軽に提供できるまでになりました。

Honolulu Coffee History ホノルルコーヒーの歴史
2012年日本上陸

HONOLULU COFFEEはハワイのホノルルに6店舗、マウイに1店舗を構え、グアムや台湾にも出店してきました。そして、遂に2012年4月19日にお台場に日本1号店をオープン。HONOLULU COFFEEは日本で生まれたばかりのブランドですが、たくさんの人に愛される唯一無二の個性を持った最高のブランドに育てていきたいと考えています。

Honolulu Coffee History ホノルルコーヒーの歴史