Top>Honolulu Coffee>コナコーヒーとは

コナコーヒーとは

コナコーヒーとは
HONOLULU COFFEEが大切にしている、豊かな香りのコーヒー豆です。

私たちは選び抜かれたコナコーヒーを、最高の状態でお客様に味わって頂くために様々な工夫を凝らしています。
柔らかな酸味と甘い香りが漂うコナコーヒーならではの風味をお楽しみください。

コナコーヒーとは

コナコーヒーとは

コナコーヒーは、ジャマイカのブルーマウンテンと並んで世界最高のコーヒーと称されています。その名の通り、ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培され、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という大変希少なコーヒー豆です。
苦みが少なく柔らかな酸味と甘い香りですっきり爽やかな味わいが特徴です。アメリカでコーヒーを生産しているのはハワイ州だけなので、ホワイトハウスの公式晩餐会では必ずコナコーヒーが供されます。

コナ地区が特別な理由

コナ地区が特別な理由

コナ地区はハワイ島の小さな地区です。長さ約32km、幅3.2kmの大きさで、そこで年間90万kgのコーヒー豆が収穫されています。
コーヒーの素晴らしい風味を生み出すためには良い自然環境が必要ですが、ハワイの火山が作る豊かな土壌、雨量、日照時間、標高などコナ地区にはコーヒー栽培のために理想的な条件が揃っており世界に類を見ないコーヒー豆が育ちます。

最高品質のコナコーヒー

最高品質のコナコーヒー

一般的にはコーヒー豆はサイズが大きければ大きいほど、完熟度が高く、良い味になります。
コナコーヒー豆はそのサイズによってセレクトされ、一番大きいサイズの豆は「エクストラファンシー」と呼ばれ、最高の等級がつけられ、その量は全収穫量の15%しかありません。次のサイズが「ファンシー」、その次が「プライム」。等級が高ければ高いほど、その風味はまろやかで甘みがあります。

「絶対に品質を落とさない」姿勢が私たちの成功の原動力です。

完熟のコーヒー豆だけを丁寧に採取

収穫の季節の間、コーヒー豆の木は何回も花を咲かせます。一本のコーヒー豆の木には、いつでも熟した実と早熟の実が組み合わさって出来ています。コナコーヒー独特の甘さやまろやかさは、果実の熟し度合いにより変わってきます。最高のコナコーヒーを作るためには、完全に熟した果実を選ばなければなりません。そのため、私たちは全ての豆の採取を手摘みで行っています。

完熟のコーヒー豆だけを丁寧に採取
徹底した鮮度管理

私たちはお客様に風味の高いコナコーヒーをご提供するために様々な取組をしています。ホノルルコーヒーの袋の裏についているバルブは焙煎後の新鮮なコーヒー豆から発生するガスを袋外に放出し、豆が酸素に触れないようにして豆の鮮度を長く保つ働きをします。また、ハワイのコナコーヒー農園から仕入れた豆を、ハワイの気候の中で焙煎まで行い船便ではなく航空便で空輸しています。

徹底した鮮度管理
挽きたて、淹れたてをご提供

私たちはお客様にコナコーヒーの風味を楽しんで頂くために、お店でも粉ではなく豆の状態で保存しています。お客さまからご注文を受けてから豆を挽き、淹れたてのコーヒーをご提供しています。最新型のエスプレッソマシンでコナコーヒー本来の風味を余すことなく引き出します。

挽きたて、淹れたてをご提供