Top>Recruit>正社員インタビュー

正社員インタビュー

成長期だからこそできる、たくさんの経験。カフェ経営の夢に、一歩ずつ近づいている。

インタビュー vol.3 川端 真梨子
東武池袋店 店長

正社員採用一覧
インタビュー画像1

生きた経営や人材育成を学ぶ、これ以上ない環境。

私にとってホノルルコーヒーは、夢に近づける場所です。それは、将来ハワイアンカフェをオープンすること。生きた経営や人材育成を学ぶには、既存のカフェより新しい会社の方が得るものが大きいはず。その点、ハワイから上陸して、これまでの日本にないスタイルのカフェとして拡大しているホノルルコーヒーは、ぴったりの環境だと思いました。
最初の大きな仕事は、入社わずか3カ月の頃。麻布十番店の店舗責任者として、新規出店を任されたんです。元々コーヒーが好きで、カフェチェーン店のアルバイトなどで働いたことはありました。でも新店立ち上げも、店舗責任者も、当然初めて。右も左も分からない中、マネージャーや先輩店長に助けられながらオープンの日を迎えました。苦労して立ち上げたお店がお客様で賑わう様子、その時味わった感動。きっと、忘れません。
それから入社半年ほどで、赤坂見附店の店長に。こんなに早く責任あるポジションに挑戦できるなんて想像もしてなくて。嬉しい驚きでした。

インタビュー画像1

色々なアイデアで、お店を育てていく楽しさ。

赤坂見附店の店長になって、早速ショーケースの改善に取り組みました。おすすめの商品をよりお客様の目線に近く、より美味しく見せるためにボリューム感を出して。色々考えながら配置や商品点数を変えたところ、お客様からの反応が大きく変わったんです。成功しても失敗しても、工夫の結果が目に見えるのは楽しいですね。こんな風にアイデアがお店の中ですぐ実行できるのも、ホノルルコーヒーのいいところ。何より、「やってみましょう!」「こうしたらどうですか?」と一緒に考えてくれるスタッフは、お店の大切な財産です。
店舗数が増え、働く仲間も増えて。ホノルルコーヒーは、目に見えて成長を感じられる面白い時期にあります。これから入社する方もきっと、「ホノルルコーヒーと自分の成長がリンクする」感覚を味わえるはずですよ。私も入社1年の間に、お店全体だけではなく会社としての成長を考えるなど、視野が大きく広がったなと実感します。これからも夢に向かって、前に進んでいきます!

インタビュー画像3

お客様も、スタッフも、笑顔になれるお店をつくりたい

コナコーヒーの香り、美味しさ、店内の雰囲気、笑顔での接客。お客様にすべてを味わい尽くして笑顔になっていただけるお店をつくることが、スタッフ全員の想い。そしてスタッフにとっても、お客様との出会いを楽しみ、働く喜びを感じられるお店にしたいというのが、店長としての想いです。お客様にも、スタッフにも、関わる人にいい影響を与えられるようなお店でありたいですね。